しも速 下世話・下ネタニュースをぴっくあっぷ!


管理人厳選ヘッドライン!

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

河本準一の妻の母親も生活保護を10年間受給 現在もなお受給中? 

1 名前:どすけべ学園高等部φ ★ 2012/05/31(木) 10:00:32.32 ID:???0
人気お笑いコンビ次長課長の河本準一の母親が生活保護を受けていたことで連日騒ぎになっているが、実は妻の母親も
生活保護を受給していたという。河本準一からしたらいわゆる義母にあたる。

妻の母親は団地で一人暮らしをしており、10年前にリウマチを患い杖を突かないと歩けなくなった。もちろん働くこともできず、
それ以降生活保護を受給しているという。現在も生活保護を受給しているのだが、この生活保護の受給要件は満たしている
ことになるのだろうか。

テレビで連日報道しているので皆も嫌というくらい詳しくなっただろうが、生活保護受給者に扶養者の有無が関係してくるのだ。
その扶養者が河本夫妻になる。今では年収ウン千万円と言われているが、例え義理の母親でも養える状況にあったのではないだろうか。

生活保護で扶養対象者としているのは三親等まで。いわゆる今回の妻の義母は三親等に含まれるので扶養義務が発生する。
受給を開始した10年前は河本準一には収入がなく、養うのが難しかったかもしれないが、それを今でも受給し続けていたとなると
問題ではないだろうか。


かといって河本準一夫妻は売れてない頃から全く収入が無かったわけではないらしい。本人がゲスト出演したテレビ番組『ブラマヨと
ゆかいな仲間たち アツアツっ!』にて、「売れてない頃は妻はクラブで月収40万円だった。自分は吉本のギャラが月4万円で、新宿で
風俗案内所でバイトをしていた」と語っていた。
そんな頃も自分の母親を養わずに生活保護を受給させていたようだ。もちろん義母も同様。

河本準一の生活保護問題は、更なる波紋を呼びそうである。

http://getnews.jp/archives/222642


河本準一の妻の母親も?生活保護を受けていた(動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17967156
河本準一が過去に100万円以下の年収だと言うのは嘘?それを裏付ける動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17922273

> 続きのレスを読む

スポンサーサイト

| ニート・無職 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

家賃も医療費も住民税もNHK受信料も介護費も出産費用も葬祭費用もみんなタダ!全国に209万人 生活レベルは「年収400万円」

1 名前:影の大門軍団φ ★ 2012/05/31(木) 08:31:39.61 ID:???0
生活保護の問題は不正受給だけではない。「そもそも支給額が高すぎる」という根強い批判がある。
「東京在住の65歳夫婦の支給月額は19万4102円。20歳から60歳まで保険料を払い続けた国民年金の支給額が6万6000円ですから、
不公平感はかなり大きい。さらに、18歳の単身者の場合は約14万円ですが、東京都の最低賃金837円×1日8時間×22日、
つまり最低賃金でフルに働いた1ヵ月の収入が14万7312円と、ほぼ同水準です。

生活保護受給者には他にも特典がある一方、給与所得者は賃金から交通費などの必要経費が引かれるわけだから、
実質は逆転していると言えるでしょう」(関西国際大学の道中隆教授)

27歳と7歳の母子家庭になると、2万3260円の母子加算や児童養育加算などもつき、月額24万1950円になる。

母子家庭にこれだけ手厚いと何が起きるか。都内のケースワーカーが語る。
「生活保護目当ての偽装離婚が急増しています。7人家族の夫婦が離婚して、5人の子供を引き取った妻が
月30万円以上の生活保護費を受け取っていたケースもありました」

道中教授の言った「他の特典」も気になる。一体、どんなものがあるのか。以下に列挙する。

・医療費がタダ
・介護費がタダ
・住民税がタダ
・出産費用がタダ
・葬祭費用がタダ
・NHK受信料がタダ
・JR定期が割引(自治体により割引率は異なる)

先ほど挙げた支給額は家賃補助分が含まれたものだが(東京の単身者で5万3700円)、それより安い賃貸物件に住めば
差額が懐に入る。こうして何もかもがタダになることで、全国209万人の生活保護受給者の可処分所得がどんどん膨れあがっていく。
>>2以降へ続く


> 続きのレスを読む

| ニート・無職 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

MBS社長「明石家電視台の降板は考えていない」 TBS「番組に影響はない」

1 名前:ちゅら猫φ ★ 2012/05/31(木) 06:54:54.57 ID:???0
MBS社長、河本に苦言

 MBSの河内一友社長(65)が13日、大阪市の同局で定例会見を行い、
母親の生活保護受給問題渦中の次長課長・河本準一(37)に対し、苦言を呈した。
同局「痛快!明石家電視台」(月曜、後11・55。関東地区は放送なし)準レギュラーの
河本に対し、河内社長は「悪意はなかったのだと理解している。
今のところ降板は考えていない」と話した上で、「残念です。売れっ子なら余計に
一人の市民としてルールを守っているかを気にしてほしい」と付け加えた。

 また、系列のTBS・石原俊爾社長(66)は定例会見で、河本について「会見を行い適切な
措置をとったと思います。番組には影響はないかと思います」とコメントした。

http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/05/31/0005098062.shtml

(記者注)
13日は31日のミス?

> 続きのレスを読む

| ニート・無職 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

「生活保護問題…タレントの例だけをもって制度改正にまで踏み込むのは、乱暴過ぎないか。安全網の役割忘れずに」

1 名前:有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★ 2012/05/31(木) 10:30:45.38 ID:???0

★生活保護問題 安全網の役割忘れずに(5月31日) 

生活保護をめぐる議論が活発になってきた。

きっかけは、高額の所得がある人気タレントの母親が生活保護を受けていたと報道されたことだ。

小宮山洋子厚生労働相は親族が扶養できない場合、説明責任を義務付ける法改正を検討すると表明した。

生活保護は、210万人が生活のよりどころにしている制度である。

詳しい実態調査がなされない中、タレントの例だけをもって制度改正にまで踏み込むのは、乱暴過ぎないか。
まずは現状のどこに問題があるのか、検証することが先決だ。

タレントの母親は約15年前に、病気で働けなくなり保護を受けた。
その後タレントの収入が増えたため、援助を受けたが、生活費が足りず、今年4月まで受給していた。

問題となったのは民法にある親族の扶養義務だ。保護の申請があると、自治体は親子や兄弟姉妹などに年収や生活援助の可否を照会する。
回答はあくまで自己申告という。

核家族化が進み、複雑な事情を抱えたり、関係が疎遠になったりした家族が増えている。

親子や兄弟姉妹だからといって一律に扶養義務を果たせるとは限らない。このため状況に応じ、弾力的に運用してきたという。

にもかかわらず、小宮山厚労相の言うように機械的に説明責任を義務付けては現場が戸惑うだけだろう。
受給者の大半は経済的に親族に頼れない人たちだ。無理に扶養を求めれば共倒れになりかねない。

自治体は扶養する親族がいないか、話を聞き、現状に即して支給の可否を決めている。当面はこの方法でいいのではないか。 (>>2-3へ続く)

北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/376570.html

> 続きのレスを読む

| ニート・無職 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

AKB48にも生活保護受給が2人いた!

1 名前:影の大門軍団φ ★ 2012/05/31(木) 07:51:20.34 ID:???0
高収入の芸能人の親族が生活保護費を受給していた問題への批判が高まる中で、
AKB48メンバーの秋元才加(あきもと・さやか)さん(23)が2012年5月30日深夜にブログを更新し、
受給の事実を否定した。

週刊誌がAKB48メンバーの親族にも受給者がいる可能性を指摘し、秋元さんの名前が取りざたされたことを念頭に置いているとみられる。

「週刊文春」2012年6月7日号では、「河本もビックリ? AKB48にも生活保護受給が2人いた!?」と題して、
メンバーのうち2人の親族が、過去に受給を受けていたり、今も受けている可能性を指摘している。

2人のメンバーが名指しされている訳ではないが、そのうちの1人について、
記事では「幼い頃から貧乏生活をしていたというそのメンバーは、アルバイトで学費を稼いだという逸話を持つ苦労人でも知られている」と紹介している。

「文春」は首都圏では5月31日発売だが、5月30日午後の段階で記事のコピーがネット上に掲載されている。

秋元さんは、家庭の経済的状況の厳しさを話題にすることも多いことから、文春が指摘したメンバーのひとりは
秋元さんなのではないかとの見方が広がっていた。このような状況を受けてブログが更新されたとみられる。

ブログでは、「秋元家での生活保護受給の事実はありません。スタッフさんから秋元では無いか?というお声を頂きましたが、
そんな噂が出てしまうとは!!!」 と受給の事実を否定した上で、改めて「バイト、掛け持ちしていました。つまみ食いもしていたかもしれない。笑

確かに人から比べたら貧しい家庭だったかもしれませんが愛情はたっぷりの幸せな秋元家です
恥ずかしくなんかありません。それが私を造ってきた全てだから」 と、「苦労人」としてのエピソードをつづっている。

一方、「確かに近年母親が体調を崩し、その時期は私もまだまだの収入だったので、
秋元家の中で生活保護受給の話題はよく上がっていましたが…」と、一時期は受給が現実味を帯びていたことは認めている。
http://www.j-cast.com/2012/05/31133923.html
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1365

> 続きのレスを読む

| ニート・無職 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。